BCAA(FIRAマッスル) vs HMB(鍛神)

BCAAサプリも最近有名になってきました。
実際、どちらが筋肉作りに効果的なのでしょうか?

そこで!
BCAAサプリで有名なFIRAマッスルサプリと、HMBサプリでランキング1位の鍛神を比べて見ます。

まずは入っている成分から

▼「FIRAマッスル」

大豆たん白とインディアンデーツという成分が主成分のようです。
大豆たん白は、ハムやソーセージなど冷凍食品によく使われる成分です。

FIRAの中に、「HMB」が入っているという表記がありますが、実際入っているのは「ロイシン」という成分です。
ロイシンの消化した栄養素がHMBだからHMBも入っていると表記しているのだとか。(FIRAマッスル窓口にて確認)

しかし、実際は摂取したロイシンの5%がHMBに変換されるので、非常に少ない量だと想定されます。

そもそも、BCAAもHMBも入っていると言っているものの量が書いてありません。インディアンデーツという成分は「食生活を整える成分」とのことで、あまり筋肉作りには直接関係しない要素だと思われます。

「鍛神」

HMBが6粒で2,000mg(2g)入っていて、他社商品の中でも最高水準です。


バリン→ 必須アミノ酸の一つです。バリン・ロイシン・イソロイシンの総称としてBCAAと呼んでいます。
つまり鍛神の方が、FIRAマッスルよりHMB+BCAA配合サプリと言えそうです。

シトルリン・アルギニン・グルタミン→ 体のリズムを高める成分(アミノ酸)

それぞれの成分の働きは?


BCAAの中でも、ロイシンが筋肉作りを助ける栄養素とされており、バリン、イソロイシンは疲労回復の栄養素です。比率はロイシン2に対して、バリン、イソロイシンを1ずつが最適とされています。

つまり、
筋肉をつけたいときは、「HMB」を最も摂取する必要があり、それを補うようにBCAAを摂取すると良いということです。

鍛神の商品ページはこちら