摂取が必要!9種類の必須アミノ酸

red-outside-grass-sport人間の体を構成する20種類のアミノ酸のうち、体内で生成することができない9種類を「必須アミノ酸」といいます。

必須アミノ酸は、ロイシン・イソロイシン・バリン・リジンメチオニンスレオニン(トレオニン)・フェニルアラニントリプトファンヒスチジンです。前3つは特にBCAAと呼ばれています。BCAAは前述しているので、残りの6種類について見ていきましょう。

リジンは体組織の修復や糖質の代謝、肝機能の向上など。髪の成分となるタンパク質生成を高めることから、抜け毛・薄毛の改善にも注目が集まっています。

メチオニンはうつ症状やアレルギーの改善に。また、肝臓の毒素や老廃物を排出し、代謝を高めて肝臓の機能をアップするとされています。

スレオニンは、肝臓に脂肪が蓄積する(脂肪肝)のを予防すると言われています。成長を促進してくれたり、胃酸の分泌を抑えて胃炎を改善するといった働きもあるそうです。

フェニルアラニンは抗うつや鎮痛にも。脳の神経伝達物質の材料となって、気分を向上させ、集中力や注意力を高めてくれます。

トリプトファンは、セロトニンという神経伝達物質のもとになります。このため、抗うつ・精神安定・集中力の向上が見込めます。

ヒスチジンは、子どもの成長促進に特に必要だと言われています。また、赤血球や白血球の形成に関わったり、リウマチのような慢性関節炎にも。