必須アミノ酸3種類で構成されるBCAA

BCAAは「Branched-Chain Amino Acids」の略で、日本語では「分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸」と呼ばれます。具体的な中身は、必須アミノ酸であるバリン・ロイシン・イソロイシンの3つです。

必須アミノ酸は体内で生成できず、食事などから摂取する必要があります。BCAAも例外ではありません。BCAAの割合は、筋タンパク質内の必須アミノ酸のうち約35%にも上り、筋肉づくりに非常に大切な成分と言われています。

BCAAにはタンパク質の分解を抑制するとされています。これにより、トレーニングで作られた筋肉も落ちにくくなる様です。

また、BCAAのうちのロイシンが膵臓でインスリンの生成を促し、インスリンによる筋タンパク質の合成を促進させてくれるそうです。これが筋肉量の増加に期待できます。

その他、BCAAを運動の前後に取り入れることで、トリプトファンという物質の濃度が抑えられて疲労を感じにくく、回復も早くなると言われています。