守るも攻めるも!万能な働きを持つグルタミン

グルタミンはアミノ酸の1種で、体内の遊離アミノ酸(単体で存在するアミノ酸)の約60%を占めています。

運動をしたときや体調が悪いときなど、体に負担がかかるとグルタミンが大量に消費されます。このとき、体内に十分な量のグルタミンがなければ、体は筋肉を分解してグルタミンを供給します。

グルタミンは体内で生成することができますが、生成(ストック)量よりも消費量が上回らないよう、必要に応じて食事やサプリで摂取することも大切です。

また、タンパク質の合成に作用して筋肉を増強させてくれると言われています。成長ホルモンやグリコーゲンの合成促進にも。成長ホルモンは筋肉の成長を促進させたり、脂肪燃焼や新陳代謝の促進、免疫力を高めるなどの働きを持っています。

ほかにも、マクロファージやリンパ球などの免疫細胞のエネルギー源となることで、回復力や細胞の修復をアップさせると言われています。